HaraDesugi Diary

はらですぎの日記

シェアハウスわんくに2期生が入ったようなので調べてみた

空室を埋めるのに難儀していたシェアハウスわんくに待望の入居者が入ったもよう。

写真の中に最近Twitterが自動投稿オンリーになってしまいbot化している「のぶさん」がいて無事に生存していることが確認できた。(何してるんだろ?)

それにしても居住部分がお粗末な造りで、共有スペースに家賃も払っていない連中(イケハヤ界隈の人々)が四六時中ウロウロしているところによく月5万円(水道光熱費込)も払って住もうと思うよなぁ・・・。

シェアハウスわんく2期生

f:id:haradesugi:20171209130509j:plain

画像:イケハヤ書生のブログ「むさしんちの小窓」より引用

twitter.com

twitter.com

twitter.com

特定できたのは上記3名。

当初は男女2名ずつ募集していたはずだけど女性は集まらなかったのかな?

現地スタッフと滞在中の女性との間にトラブルがあって、その辺の説明がちゃんとされないまま現在に至るから仕方がないのかも・・・。

この辺の情報をお持ちの方がいたら教えて欲しい。

シェアハウスわんくの1期生は現在何をしているのか?

今後わんくを利用しようと考えている人たちのために「絶対に学べるシェアハウス」で1年間学んできた人たちが現在どのような活躍をしているのかを調べてみたので、ここに掲載しておく。

シェリーさん

アルバイトを掛け持ちしているらしい。

定職にはついていないのだろうか?

イケハヤ書生のむさしさん

むさしさんはイケハヤ書生で高卒フリーランス。

現在は職人系を目指しているのかな。2月以降ツイートが止まっている。(矢野さんのアップした写真には写っている)

現在も書生としてイケハヤ氏からお金を貰っているのかは確認できなかった。

ハイパーラッパーのCOKOさん

「 脱社畜してフリーランスになった方。バイトをやめた後が本当のスタートですよ。」と言いながら金谷に引っ越してからアルバイトをしていることが判明。

『好きを仕事に』ごっこに戻ったもよう・・・。

ナガシマナツミさん

 Twitter上で確認できた最新の収益報告。

シェアハウスわんく1期生のなかで一番結果を出しているのでは?

 

・・・以上、シェアハウスわんくは「絶対に学べるシェアハウス」というテーマで運営されているようだけど、1期生を見る限りは学べている感じはしなかった。

これだったら普通に働いたほうがマシだな。