HaraDesugi Diary

はらですぎの日記

献杯

6月22日 木曜日

今朝も足の調子…というか右鼠径部が痛い。

日常生活には何ら問題はないが走ろうとすると痛い。腹筋ローラーも痛くてできない。昨年の秋くらいにも似たような症状が出たので、過去のブログを遡ってみたところ、その時は左鼠径部に痛みが出ていた。

当時発症した原因は、カーボンシューズを履いて調子に乗って走りまくったから…だったが今回も恐らく似たような原因のような気がしている。(心当たりがある)

左足のシンスプリントっぽい症状はいずれ回復するとして、グロインペイン症候群と思われる症状は一筋縄ではいかないので、日々のストレッチと柔軟をしっかりやって股関節の可動域を広げつつ、その日その日の状況を見ながらメリハリのあるトレーニングを心掛けたい。

この夏から便利な夜行バスが運行開始するらしい。

寝ている間に室堂へ。

料金は高めだが、何度も黒部アルペンルートを移動して乗り換えが面倒な人にはうってつけかもしれない。

同様の便は毎日あるぺん号が提供しているが、こちらは旅行代理店が提供しているツアーという形式をとっており、期日が近づくにつれキャンセル料が高額化していくのが悩みの種だった。

今回のバスは単にバスの予約であるため、キャンセル料が格段に安い。

したがって予約開始とともに予約を入れて決済しておいて、天気が微妙だったら直前でキャンセル…という荒業ができてしまうのである。

…というわけでなかなか便利そうなバスではあるが、乗車時間がかなり長いので夜行バスに乗り慣れた人以外にはなかなか苦行になりそうな予感がしている。

6月23日 金曜日

右鼠径部に痛みが残っていたので、ルナサンダル(Venado2.0)を履いて5.7kmのウォーキング。途中ところどころで試しに走ってみたところ、キロ6分くらいのペースまでならサンダルでも足にそれほど負荷をかけずに走れることが分かった。

ただ状態が状態なので、サンダルはウォーキング用(時々ラン)として運用するのがいいような気がしている。

東京レガシーハーフマラソン2023の当落結果のメールが届いた。

無事に当選。

人生初のハーフマラソンもフルマラソンと同様に東京を走ることになった。この調子で夏に募集開始する東京マラソンにも当選してくれるといいのだが。

レガシーハーフマラソンは2023年10月15日の日曜日。11月5日にフルマラソンの富山マラソンが控えているので調整レースとして丁度良さそうである。

夜は藤沢駅近くでブロガーのフミコフミオさんとフリー素材モデルの大川竜弥さんの僕の3人で故Hagexさんを偲んで献杯。

このメンツで集まるのは忘年会を含めてかれこれ6回目くらいだろうか。

ネットの話題(イケハヤとかはあちゅうとか…)から始まって映画やら何やら色んなことを話しながら延々とビールを飲む楽しい会になった。